陣馬山~小仏 縦走

仕事の合間をぬって、紅葉狩りしながら美味しいものを食べよう縦走。
目指すは山の幸。


手書きが暖かい看板を目印に登山スタート。紅葉が綺麗です。


陣馬山の山頂。本日最初の目的、けんちん汁を頂きました。


お次は景信山に移動。こういうひなびた雰囲気、好きなんです。


景信山頂付近から。なんで紅葉がまだらになってるんでしょうかね?
自然林と人工林が混ざってるのかな??


なめこうどんと、天ぷら、ビール。へっへっへ。


お土産に巨大しいたけ買って帰りました。
手前のなめこもデカい。。

——-

ここまで万事順調だった美味しいものを食べよう縦走でしたが、
下山中に思わぬアクシデントが。
何のことはないはずの道で、先輩がぬかるみに足を取られ転倒、
運悪く、手をつくより前に突き出た切株で肩を強打、、

あまりに痛そうなので下山してすぐあった交番に相談したところ、
救急車にて搬送と相成りました。骨折、全治1ヶ月。。

先日のクマとの遭遇といい、今回の怪我といい、アウトドアで
の安全やトラブル対処をきちんと考え直しておかなければと
反省すべき旅になりました。

大菩薩嶺

東京に異動で戻ってきた先輩が登山に初挑戦することに。
足慣らしに向かったのは大菩薩嶺。

まずは福ちゃん荘の、きのこ汁で腹ごしらえ。
美味しそうでしょう。

大菩薩嶺、到着。富士山はいつみてもかっこいいねえ。
簡単なコースで、疲労を感じる前にあっという間に本日最高点。
山頂にはたくさんの山ガール。登山で山ガール初めて見た。
山ガールってもっぱら初心者向けコースにいるもんなんだな。

こちら、ちょっと下りてきて大菩薩峠の介山荘。
山の水を自家発電で凍らせた絶品かき氷!
水が違うと、驚くほどおいしくなるのです。

大菩薩峠。

天気の変わり目ってどうなってるか知ってました?
これがそれです?
左が曇り、右が晴れ。

このあと帰りに本物のクマに遭遇
ただ「どうすればいいんだっけ」と茫然。距離、20メールくらいだったか、、
まさか自分が会うわけないって油断がどこかにありました。
己の準備不足を恥じつつ、クマの機嫌が悪くなかったことに感謝。
備えよ常に。

蝶ヶ岳~常念岳 縦走

これを書いたのは12月18日ですが、日記みたいなものなので行った日付でアップします。
クリックで写真が大きくなります。

この夏の山イベントは、北アルプスの蝶ヶ岳~常念岳の縦走。
ふもとで前泊、山小屋1泊の2泊3日です。


登山届をちゃんと出して出発。右は恐竜の木?


蝶ヶ岳ヒュッテそばの稜線上の花たち。名前はわかりません、すいません。
でもきれいですよね。


夕陽を待つ人々。


穂高連峰に沈みゆく夕陽!


こんどは朝陽を待つ人々。


朝陽と、なかま。


出支度@蝶ヶ岳ヒュッテ。


快晴!とんがってるのが槍ヶ岳。

天気に恵まれ、夜空も星がたくさん。昔見たプラネタリウムより多かったような。。
天の川がきれいに見えて、ちょうど旧暦の七夕を控え、織姫と彦星はもう少しで会えそうでした。
縦走中には高校時代の恩師にもばったり。感動的な三日間でした。
やっぱり山はいい。

※写真はすべてLX-3です。良くできたカメラ。

毛無山

会社の大先輩と富士山へ挑むことになり、
トレーニング登山として、富士の眺めが素晴らしいという毛無山をチョイス。

富士の眺めは素晴らしかったが、虫がやたら多かった。