DEP で Windows Live Messenger 不調

セキュリティリスク軽減のためにデータ実行防止(DEP)を有効にすると、Windows Live Messenger がログイン不能になる件。Messengerから呼び出されている Adobe Flash が原因なので、アップデートでなおる。

Adobeサイトからアンインストーラをダウンロードして実行(コントロールパネルからだと完全に削除できない)。 その後、インストーラをダウンロードして実行。

工人舎 SH6 環境整備編

ドライバアップデートは注意した方がいい
Windows Update のオプションでデバイスドライバアップデートを勧められても乗ってはいけない。工人舎特有の機能(画面の回転など)が無効になる。

街中のホットスポットでのセキュリティ
今さらホットスポットを初体験したが、どこも WEP ばかり。SSH の Dynamic Fowarding でレンタル web サーバを socks プロキシにしてアクセスすることにした。Tor を使うよりパフォーマンスが良い。

Gyao全画面化
Craving Explorer なるソフトで Gyao 全画面表示に。

バックアップは knoppix on USB で
USBにインストールした knoppix で起動し、 USB接続のHDDへ dd で丸ごとバックアップ。普通にknoppix起動しUSBメモリ差して mkbootdev コマンドですぐUSB knoppix が作れる。hda1がリカバリイメージ領域、hda2がvista起動パーティション。MBRのバックアップを忘れるとリカバリ環境が起動不可になる。しかしvista起動パーティションにリカバリ環境起動CDのイメージが入っているので、事前に焼いておけばCDから起動ok。(注:リカバリイメージがCDに入っているわけではない。HDD上のリカバリイメージは必須。)

工人舎 SH6 基本スペック編

Yahoo Auctions で Kohjinsha SH6 を買ったので、自分が買うときに知りたかったことを書いておきます。

featphoto
http://www.kohjinsha.com/models/sh/sh6wb04a/index.html

Q1. バッテリーの持ちは。
A1. 無線LAN有効、他のものは極力無効、省電力モードでWebブラウジングを続けて実働 2:30。自分的にはガストで朝食をとり昼までWebでき丁度良い。

Q2. 1024×800ディスプレイの使いやすさは。
A2. 横はとてもいい。たいていのサイトが問題なくブラウズ出来る。縦はやや狭いけど、ブラウザを全画面表示すれば問題ない。最近のPCサイトブラウザ入り高性能携帯と工人舎があれば自分の用途には完璧。スマートフォンを買う気がしなくなった。

Q3. このスペックでVistaは重くないか。メモリは1Gで足りるか。
A3. ベーシック表示にし、余分なサービスを停止すれば問題なし。何をするかにもよるが、メッセンジャーとブラウザだけなら不便を感じない。省電力をバランスモードで無線LAN経由Gyao視聴問題なし。バッテリで2時間番組見れる。

Q4. ReadyBoostで快適になる?
A4. SDスロットに SDHC Class 6 2Gを差して ReadyBoost したが、Webを見る程度では効果がわからず(それぐらいじゃメモリ余ってるしな)。むしろ起動後やサスペンドからの復帰後に、SuperFetchがすごい勢いでSDにキャッシュし、書き込みが終わるまでの2~3分パフォーマンスが低下する方が問題に感じた。removable media なので、サスペンド復帰でも読み直しになるのね、誤算。やめた。

Q5. ワンセグの性能は。
A5. 受信性能は手元のUSBチューナよりいい。但し所詮ワンセグなので本機の解像度で見ると粗さが目立つ。Gyaoを見たほうが幸せになれるかも。

Q6. サイレントモードは静か?
A6. ファンは静かになるけど、HDDの回転音が結構聞こえる(シャー音)。