Baños Termales, Aguas Calientes @ ペルー

南米の温泉第二弾はマチュピチュの麓。マチュピチュに最も近い鉄道駅があるマチュピチュ村の旧名はアグアスカリエンテス、日本語で熱い水、すなわち温泉。一応温泉好きを名乗っているのだから、そこに温泉があれば入らないわけにはいかない。

IMG_3174

IMG_3175

IMG_3176

IMG_3179

IMG_3181

最大の観光地かつペルーの連休と重なってるとあって観光客だらけ。パパジャクタと違って、湯船に源泉投入口が見当たらなかったので、掛け流しではなく、長時間貯めっぱなしの模様。遊園地のプールか!という混雑の中、水着に着替えて勇気を出して入って来ました、、。正直、神経質な人にはお勧め出来ません。

泉質は僕の知識ではなんとも言えないけど、無色で少し白濁あり、説明によるとほぼ中性で、鉄と硫黄の匂いがしました。
湯船がどれもぬるくいちばん熱いのでもたぶん39度か40度。エクアドルで偶然現地ツアーをご一緒させて頂いた日本人旅行者さんからの情報で、唯一のおそらく掛け流しで温度も43度くらいの打たせ湯を中心に楽しんできました。

Termas de Papallacta @ エクアドル

現地の友人の本当に有り難い計らいで、首都のキトから車で走ること1時間ちょっと、エクアドルの温泉地、パパジャクタに行くことが出来ました!

P1010535

P1010525

標高3,320mなので最高所入浴記録を更新。看板の説明などを総合して日本風に言うと、たぶん単純硫黄泉(無色透明、多少湯の花あり)、源泉掛け流し、源泉温度は50度強。標高が高く乾燥してるのでお風呂から上がるとあっという間に身体が乾きます。

P1010500

湯船はだいたい39度から43度くらいまでバリエーションあり。良い湯でした!