工人舎 SH6 環境整備編

ドライバアップデートは注意した方がいい
Windows Update のオプションでデバイスドライバアップデートを勧められても乗ってはいけない。工人舎特有の機能(画面の回転など)が無効になる。

街中のホットスポットでのセキュリティ
今さらホットスポットを初体験したが、どこも WEP ばかり。SSH の Dynamic Fowarding でレンタル web サーバを socks プロキシにしてアクセスすることにした。Tor を使うよりパフォーマンスが良い。

Gyao全画面化
Craving Explorer なるソフトで Gyao 全画面表示に。

バックアップは knoppix on USB で
USBにインストールした knoppix で起動し、 USB接続のHDDへ dd で丸ごとバックアップ。普通にknoppix起動しUSBメモリ差して mkbootdev コマンドですぐUSB knoppix が作れる。hda1がリカバリイメージ領域、hda2がvista起動パーティション。MBRのバックアップを忘れるとリカバリ環境が起動不可になる。しかしvista起動パーティションにリカバリ環境起動CDのイメージが入っているので、事前に焼いておけばCDから起動ok。(注:リカバリイメージがCDに入っているわけではない。HDD上のリカバリイメージは必須。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*