ニューヨーク出張

9月の終わり、急な出張で数年ぶりに海外に出ました。
ハワイやカナダは行ったことあるけど、米国本土は初です。

最近は非白人の人口が増えているとか、カリフォルニア州あたりではスペイン語の存在感が増しているとか、色々噂には聞いてましたが、ニューヨーク(正確には行ったのはニュージャージー)は本当にヒスパニックが多い。空港の職員も、タクシーの運転手さんも、ホテルのボーイさんも、スペイン語なまりの英語を話す人ばかり。特に中米系?の黒人訛り&スペイン語訛りのダブルの方々??も多く、何を言ってるのかよく聞き取れないこともしばしばでした。

ちょっとスペイン語を勉強してみたくなったかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*