ドメインのレジストラをDynDNSからGoDaddyに移転したけど、QNAP NASからDDNSする件

経費節減のために某ドメインをDynDNSからGoDaddyに引っ越したのですが、固定IPではない自宅サーバをDynamic DNSのように動的にGoDaddy上のドメインに紐付ける方法が見つかったという話を備忘録を兼ねて。

結論から書くとGoDaddyは独自APIの提供を始めたので、API経由でDNS設定をアップデートすることが出来ます。それをやってくれる素晴らしいシェルスクリプトが以下サイトで公開されています。

GoDaddy DDNS Updater

サイト上にも解説がありますが、似たようなことをやるPythonスクリプトやPHPスクリプトが出回っていますが、それらは新たに提供が開始されたAPIを使っておらず信頼性が低いとのこと。それにシェルスクリプトで済むなら、QNAPにPythonを追加でインストールする必要も無いですし、良いですね。QNAPで動かす場合にはコマンドのパスが違うところがあるので、適宜修正。

あとQNAPでのcron設定は普通に crontab -e すると再起動で設定が消えるので注意。 /etc/config/crontab を直接編集すれば再起動しても大丈夫。

これで高価なDDNSサービスや怪しい無料サービスを使わなくて済みます。(^^)

知らなかった歴史@石垣島

ペリー来航の1年前、1852年に、アメリカの奴隷商人が中国から苦力400人を奴隷船に乗せ、カリフォルニアに向かったことがあったそうです。商品価値のない病弱な人は海に突き落とされ、そうでない人は裸にされ焼印を押され、そんな仕打ちに中国人側が反乱を起こし船を奪取するも、戻る途中、石垣島で座礁してしまった。追ってきた米英軍に虐殺された人も多数、時の琉球王朝は出来る限りの保護をして171人を中国大陸に送り届けたそうです。その際に亡くなってしまった中国人を弔うのがこの唐人墓。こんな歴史、全く知らなかったです。当時の江戸幕府はどれくらい状況把握してたのかな。

IMG_8331

あと、この隣にあった1971年の碑文、沖縄返還前の米軍施政下のものだと思いますが、琉球政府と書いてある。米軍占領下の自治組織は琉球政府を名乗ってたの?
知らないこと、知りたいことが沢山です。。

DSC00715

増富温泉 不老閣

不覚にも初めて咳喘息なるものになってしまい、それにかこつけて喘息に良く効くと評判のラジウム泉、増富温泉不老閣へ。1泊泊まっただけで効くとはいかないでしょうが、でも、気分は持ちようですよね。諸説ありますが、増富温泉はラジウム含有量が世界一とも言われています。

IMG_8124

IMG_8139

増富温泉郷自体、かなり奥地にあり、都会の疲れを癒やすのに良さそうです。

IMG_8113

IMG_8117

内湯は、水道水を沸かした42度くらいの暖かい湯船と、ラジウム源泉掛け流しの30度台の湯船が設けてあり、交互に温冷水浴を楽しむことが出来ます。また内湯は男女日替わり制になっており、片方には、ラジウムを効果的に吸入出来るという、ラジウム源泉を使ったスチームサウナがあり、これもまた大変気持ちが良いです。

IMG_8134

外湯は、徒歩5分ほど、離れたところにあります。

IMG_8127

IMG_8132

中をお見せ出来ないのが残念ですが、素晴らしかったです。岩の裂け目から源泉が湧き出ている、いわゆる足下湧出です。ただかなり源泉の温度が低いので、11月下旬だと修行っぽくなります。夏真っ盛りに来るのが良いと思います。

増富温泉 不老閣 公式ウェブサイト

Strawberry Park Hot Springs @ コロラド州

なんちゃって温泉ソムリエの端くれとしては、出張でコロラドまで来たら、温泉に入らないわけにはいかないです。コロラドで一番の秘湯とも呼ばれる Strawberry Park Hot Springs に入ってきました!

IMG_7509

なんだかんだで寄り道も入れるとデンバーから400km弱走ってわりと遠かった。最後は未舗装の林道を15分行くので秘湯感は確かにあります。

IMG_7511

アメリカは基本は水着着用混浴なんですが、ここは日没後は clothing optional になり裸の人もちらほら。でも全く気になりません。なぜなら、照明がひとつもないから、、!!今晩は元々半月な上に早めに沈んだので、隣の人の顔も分からないくらいの暗闇に満天の星空になって幻想的でした。闇夜で着替えて駐車場まで戻るの大変でしたが(笑)

なかなか思い出に残るお風呂になりました。

Strawberry Park Hot Springs 公式サイト