有馬温泉 上大坊

丹波イノベーションキャンプの帰りに、金泉と銀泉の二種のお湯が楽しめる日本最古の温泉地、有馬温泉に立ち寄ってきました。詳しい方に教えて頂き、エリア唯一の完全掛け流し、「上大坊」に入湯。高級宿が立ち並ぶ有馬で本物の温泉はひとつだけなんてちょっと残念。これも儲けと品質が両立しない例ですね。

IMG_6151

完全掛け流しのお湯はさすが新鮮でアブラ臭と金気臭が。出てる湯の花も、たぶんまだ酸化が進んでないので黄土色。同じ源泉を使った「金の湯」では臭いはせず(というか塩素臭)、お湯は真っ赤(鉄分が酸化と思われ)だったので、同じ源泉とは信じられないくらい。帰りに宿のお兄さんに伺ったところ、やはり金泉の掛け流しはここ上大坊だけ、銀泉(炭酸泉)のほうは湧出量が少なく一軒もないと。。

IMG_6164

有馬温泉では炭酸せんべいが有名で、元々は炭酸泉で練って焼いたせんべいなんだそうですが、売店の正直なおばあちゃん曰く「最近はもう炭酸泉は使ってないよ、お湯足りないから」だそうでした。がーん。

有馬温泉 上大坊 公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください